サッカーキャンプ

昨年はコロナウイルスの影響で開催が危ぶまれていた

サッカーキャンプを無事開催することができました!
ほとんどの子どもたちが遠征がはじめてで、規律の中での
自由な時間を有効的に使い楽しい1泊2日になったのではないでしょうか。
また、トレーニングや試合で屋根のない場所で行ったので自分の体力調整
自主的に行い、ロボットのように動くのではなく自らの考えで休憩を
とりサッカーと休息の大切さを覚えたいい機会になったと考えております。
年始早々にコロナウイルスの拡大でご不安な気持ちが多少あるかと思いますが、
わたくし含め弊社スタッフ一同は子どもたちの成長体験のみならず、スポーツの
楽しさとその関わりを大切に今後も精進してまいります。
どうか引き続き、ご支援ご協力のほどよろしくお願い致します。

ナコンナヨックキャンプ

自然の中で遊ぶ をテーマに企画したナコンナヨックキャンプ。

今年も子どもたちの記憶の中に残り続ける最高のキャンプになりました。

定員のため、数名の子を連れて行けなかったのは残念で恐縮しております。

お預かりした寄贈品は孤児院に手渡して来ました。今回訪問の孤児院には、

6歳から18歳の年齢の子たちが在籍しており、サイズの大きい服や靴など

大変喜ばれました。滝や川も、水量が減る乾季の12月は、昨年のエラワン

滝もそうでしたが、逆に風情があり、子供たちも安全に遊んでおりました。

子どもたちは、滝に近づくまでの足場の悪い大きな岩を苦労して乗り越えた

り、怖がっていたジップラインも勇気を出して挑戦したりしていました。

汚れるのを嫌がっていた田植え、楽しみにしていた水上アスレチック、キャ

ンプファイヤー、バーベキュー等々を安全第一で欲張りなくらい楽しんでき

ました。今回幼稚園年長から小学校6年生までの参加でしたが、初めておこなった

という声も多く聞かれました。実際に体験すること以上に価値のあること

はない、また、そういう機会を設ける重要性を改めて感じた次第です。

次回は3月14日、15日にパタヤキャンプを行います。

この度は、沢山の子どもたちに参加してもらい、

保護者の皆様に改めてお礼を申し上げます。

本当に有難うございました。

 

2019年冬休み集中コースのお知らせ

冬休み集中コースのお知らせ

半日、1日サッカーコースや、体を思い通り動かす体操コース、親元を離れ、大好きな仲間と過ごす1泊キャンプもあります。普段の練習ではなかなか取り組めない部分も、練習時間の長いクリニックでは集中的に行うことが出来、一人ひとりの成長につながります!!新規無料体験あり。この機会にぜひ是非体験してみてください!

ナコンナヨック1泊キャンプ  12月22日〜23日

孤児院スポーツ交流 サリカー滝、ワンタカイ渓流、キャンプファイヤー   ファーム体験、アスレチック、水遊び

冬休みプレシーズンサッカークリニック (幼稚園年中から中学生)

第1週12月24日~12月27日

ラムイントラ全天候型人工芝 Flick FC  9:30-14:30
テーマ練習、ゲーム、試合、Infinitoカップ、表彰式、シャワー、3時前バス出発

体操クリニック  (幼稚園年中から中学生)

12月24日~12月27日 16:00−17:30 アドバンスクラス 

12月25日〜12月27日 14:00−15:20 通常クラス

※アドバンスクラス(姿勢矯正、バク転練習)

 通常クラス(マット、跳び箱、鉄棒、縄跳び種目)

会場:Lee House 3階 3B体操場 

 

 

 

資料請求はこちらから

参考資料

Facebook

(追伸) 通常より長い時間で体操やサッカーが出来お得です!初心者経験者、男女を問わず大勢のご参加を楽しみにお待ちしています。

カオヤイキャンプ

迷路競争結果!

第1位:ワタナーコーチチーム 17分22秒

第2位:ウットコーチチーム 21分19秒

第3位:穂高コーチチーム 31分  秒

第4位:ヴィカ先生女の子チーム 41分23秒

穂高コーチ率いる上級生チームはまさかの敗退。終始木陰が出来る中を歩くのですが女子チームはさすがに意気消沈。家族でご旅行の際にはリベンジしてください。

3月のパタヤヒルでは、下りで徐行中の車がガードレールにコツンと当たり、斜めになった車体が道幅が狭いため動けなくなるという場面に遭遇(我々はその横の歩道でそれを眺めながら悠然と通過)してしまいましたが、日頃行いの良い我らは今回も事故、怪我とは全くの無縁で無事にキャンプを終え帰ってきました。

超めっちゃ大きい!!

見るもの触るもの全てに刺激を受けたハイキングから始まり、

とにかく目の前のことに夢中になる子どもたちゆえ、予定通りの行動は至難の技。

結局その後は8名が滝に向かい、残りは自然の中で自由遊び。

自身も娘とちゃんと遊べていないなと反省しながら、普段忙しい親御さんに代わって我々も思いっきり遊びました!

夜はホテルの広い芝生で鬼ごっこ、サッカーを真っ暗になるまで疲れ知らずのこどもたち!夕食&クリスマス会は、恥ずかしいからやらないと言っていたにも関わらず音楽をかけたら豹変!!唯一、今回は組体操の演技が見れず残念でした。。。

夜更かしの子もちらほら。

翌日

朝はコーカサスオオカブトムシには会えず残念でしたが、皆の頑張りでpalioにも行け、5年前の訪問では午後2時の約束だったにもかかわらず朝6時から待っていてくれたカオヤイ小学校の児童との再会。至福のひと時となりました。

遊びのあとカオヤイの生徒へのサプライズは、インフィニト保護者の方々のご厚意で持ち寄った古着や靴の数々。新品同様でうちの生徒がこの靴欲しい!と逆に羨ましがっておりました。シートに広げたら圧巻の量で、皆に大変喜ばれました。

ご協力いただいた保護者の方々に重ねて深謝申し上げます。 

本当に有難うございました。

次回のキャンプは3月です。

休み休みながらの行動でしたが、疲れ知らずで動き回った後は、やはり疲れて帰った子も多かったと思います。初参加の子はびっくりしないようにしてください!

親元を離れ自分のことは自分でする!成長できたキャンプでした。

キャンプはやっぱり超めっちゃ楽しかったです。                

ご参加ありがとうございました。

 

パタヤとKAZUYA、TAIKI卒団

3月14日から1泊2日でパタヤキャンプに行ってきました。インフィニトの一泊キャンプは、普段一生懸命に練習に励んでいる子どもたちへの褒美として、この日だけは自由な雰囲気で楽しんで貰えたらと思い年に2回開催しています。特にこの3月は卒業旅行も兼ね、多くの子どもたちが参加してくれて、忘れがたきキャンプとなりました。本当に有難うございました。

スケジュール優先でなく子どもたちの命を守ることを第一に、

無事故で行ってくることを約束し、大勢の方に見送られ出発。

第一の到着先はパタヤ孤児院。乳児室での15分間のはずが、1時間も居残る子が5名。バスで命の大切さを学びに行くと発言していた子や、家に帰ると赤ちゃんがいない…、兄弟が欲しい等々。写真撮影を禁止されており、お見せできないのが誠に残念です。その後は綱引き&サッカー大会。タイの子どもたちに遊んでもらっている?子や、自分でいろんな遊び始める子も。初めてキャンプに参加した子も、もうこの頃には「楽しい!来てよかった!」と。既に不安は解消されたようです。ビュッフェではなかったけれど、体を動かした後のムンアロイでの昼食は格別でしたね!

得意なスポーツをもつこと

午後はロッククライミングと体力測定に始まり、一番の盛り上がりを見せたのがドッヂボール大会。途中までは早々に決着がつくかと思われた試合も、皆の気持ちが一つとなって、自然に声を掛け合い、仲間を助けていて追いつ追われつの展開に。皆に聞いても、疲れたけれど一番楽しかったと満足感溢れる姿に、子どもたちの脳内を想像してしまいました。遊びに夢中になることや、得意なスポーツを持つこと、運動好きな子を育てるのに肝要なこと。それは大人になればスポーツを通し仲間も出来、生涯に亘る子どもたちへの財産になります。一人でも多くの子たちに体を動かすことの喜びを伝えていければと思います。普段サッカーで体の動かし方やコーディネーショントレーニングを通した運動能力向上は卓球、バドミントン、フットサル等、皆のプレーの良さにも表れていました。アカデミー戦でも子どもたちの奮闘を聞いています。

そして夕食会では皆の笑顔。そしてメダルを貰えた子も貰えなかった子も、明日の海遊びに意識を向ければまた笑顔に。自然にメンタルトレーニングも出来ているようです。

翌日

パタヤヒルまでの簡単な山登りと景観を楽しんだ後は、子どもたちが一番楽しみにしていた海遊び。釣りから始まり大型船からのダイビング、小さな船に乗り換え砂浜上陸、バナナボートを楽しみ、砂場での城作り、各コーチと海の中でのバトル等、全てがかけがえのない思いでです。余りの楽しさにタイ人スタッフもユニフォームのまま海に入って遊んでいました。帰りのバスは、保護者から寄贈頂いたDVDを観賞。皆食い入るように画面に向かうも1時間後は皆爆睡。解散時には本帰国を迎える子どもたちと最後のお別れ。

君たちがいれば

キャンプは実は、実地訓練も兼ねています。インフィニトで仲間と一緒に過ごした誇りを決意に変え、君たちがいれば大丈夫だ!と周りに安心や、喜びを与えられるような一人ひとりに成長していってもらいたいと思います。

パタヤとKAZUYA、TAIKI卒団

そしてこのキャンプにてTAIKI卒団日を迎えました。

 いつも元気なハラちゃんは、

練習も一生懸命でたくさんの汗をかいて頑張ってくれていました。

一生懸命な分、上達も早くてとても成長していた印象があります。

ハラちゃんが練習に居なくなると思うと、コーチは寂しいです…

 

日本に帰っても、ハラちゃんらしく一生懸命どんなことにも取り組んで、

みんなから愛されるハラちゃんで居続けてください!

TAIKI

 

 

 

 

そしてKAZUYA

 練習ではせいぜい一緒にいられる時間は1時間ちょっと。なので

パタヤのキャンプでとにかくずーっと一緒にいられて嬉しかったし、楽しかった。

普段の体操で見せるロンバクや前宙だけでなく、キャンプでMVPに選ばれたドッヂボールや

サッカーのキーパーでの活き活きとした楽しそうな姿は特に目についたし上手かった!

友人の体操教室でも習っていて、よくお互いにKAZUYAの話をしたものです。皆が

KAZUYAの進歩の速さに驚いています。PizzaPartyも聞きましたよ!

これからも楽しいKAZUYAでいて下さい。そして今日からまた、体操、勉強、スポーツに

本気で取り組んでいってもらいたいな と思います。

KAZUYA