試合総評

3月21日(日)

今回の試合ではスモールコートでの試合となりました。
攻守の切り替えや、状況判断が早くなければペースを握られてしまう
可能性が高い試合の中で、プレイヤー達がコミュニケーションをとりながら
いかにゴールに向かうかをみていました。
U8とU10カテゴリーにいえることは、ファーストボールでボールを確保、奪取
することが課題です。ゴールキックもそうですが、全て後手にまわっているので
中々ペースが握れない試合展開となってしまいます。
恐らく、ボールの処理に慣れていないということもありますが、恐怖心が勝ってしまい目を背けてしまうことが大きいかもしれません。
今後この課題に率先して取り組んでいこうと思います。
3月28日(日)
今回の試合では、前回のファーストボールの確保でするお話をさせて頂きました。
U8のプレイヤーは身体能力差があるので難しい部分もございますが、何個か逃げずに
確保するシーンがございました。
またU10のプレイヤーはファーストボールの確保のほかに、インターセプトやシュートコースに入り防ぐといったシーンもあり、成長を感じております。
3学期も残り少ないですが、チーム活動として有意義かつ成長体験を感じられるよう努力して参ります。