チームワーク、力を合わせること

 

チームワーク、力を合わせること
本日はBPYCの延期分、第3節vsBANGKAPIとのゲームでした。
 
各それぞれ、出来ることが増えたからこその課題が見えました。
 
ゴールが取れそうな状況を自分たちで『作れる』ようになってきた。
 
それはとても良いことです。
 
相手のミス、偶発的なゴールも得点は同じ一点です。
 
しかし、意図的なゴールの喜びは大きく、自信になります。
 
自分たちでゴールチャンスを作り出すことにはチームワークが欠かせません。
チームワークとはなんなのでしょうか?
 
サッカーに必要なチームワークは同じ作業をみんなで一緒にやることではないと考えます。
 
各個人がやるべきことをやるべきタイミングでプレーする。そこに1人で完結するプレーはなく、常に他の選手が関わるプレーとなる。ミスや相手の攻撃に関してはゴールを守るという基準から助け合いや補完関係となる。
 
他にもたくさん要素はありますが、要するにプレーの選択肢はチームメイトが作っているということを個人が理解することです。
 
個人が行うパス、ドリブルやシュート、その他守備のアクションも全て周囲の関わりが判断の基準となり実行されるものです。
 
「ボールの行き先はボールを持っていない人が決めている」のです。
 
ボールを持っていない時のプレーでどれほどの人数の選手がボールを持っている選手に影響を与えることができているのかがチームワークと呼ばれる組織の力の一つの判断基準です。
 
なのでみんなで同じプレーをすることはほとんどありません。各個人に別々のプレーを求めます。学年の中にも差があります。
例えば、登山です。体力があり、強い子は早く山頂へ到着できます。まだ体力がない選手は速くしろと言われ、山頂に到着するのが遅れます。
そして下山になると先に到着した子は後で到着した子たちが山頂へ着くまで休めています。
遅れて到着した子たちは山頂に着いた瞬間休む間も無く下山しないといけません。
 
こんな状況で皆さんならどうしますか?
 
体力のない子をある子に合わせさせるようにしますか?それは理不尽となります。体力のない子たちにとってその登山は何の為にもなりません。その子たちにこれは何の為に登っているの?と聞かれたら、具体的に答えることができないと思います。
 
言われた通りにやればいいと考えてしまうのは、選手の成長に繋がりません。
 
なぜ体力に差があるとわかっていながら同時出発するのか、同時の下山をするのか?
 
そういった疑問を思いつく選手を作り出さなければいけません。そういった理不尽に気づいた選手に対して「確かにそうだね。どうすればいいかな」と聞けるような大人であるべきだと思います。
 
それぞれ違いがある選手たちを受け入れて、成長していく。
 
我々が育てようとしているのは「問題を気づき解決しようとする選手」です。「全てコーチの言うことを聞いて考えない選手」ではありません。
 
まずは私が選手を信頼して、本音を引き出さなければいけません。
 
本日は応援、ありがとうございました。
 
私もまた一つ年を取りました。結果はいい結果ではなかったですが、内容に希望を見出せました。いい誕生日であったと言えるように、またトレーニングしていきます。
 
また、日本では東日本を中心に台風による甚大な被害が出ていると聞いております。
皆さんの親族の方の無事を心から願っております。
 
私たちは一生懸命プレーすることしかできませんが、少しでも選手や見てくれる方に勇気や心動かされる振る舞いがピッチの上で体現できるようにしたいです。
 
スポーツの力によって前向きに生きていく、INFINITOはそんなクラブでありたいです。
 
今後ともよろしくお願いいたします。
 

サッカーというゲームを学ぶ過程を楽しむ

サッカーというゲームを学ぶ過程を楽しむ

 
今日はBPYCリーグの第5節でした。
 
この1週間は各カテゴリでゲーム形式のトレーニングを行いました。
 
狙いはゲーム形式のルールや勝利の条件を理解して、チームで攻略法を見つけ出すこと。
 
併せてボールを前に進めるための技術とポジショニングを学べるようにしました。
 
youtubeの動画は保護者の方の反響は良かったのでホッとしました。(選手のみんなには難しい漢字、字が小さくて読む気が湧かなかったと辛辣な意見をもらいました笑)
第1回なので改善していきたいと思います。
内容に関しては、徐々に脳裏に浮かぶようになってくれればと思います。
あの動画が全てのプレーの答えではないし、他にも方法があります。
しかし、あのようなビジョンで相手や仲間、そして空間を把握できるようになるということはサッカーを上達することにおいてかなりのアドバンテージになると考えます。
休む間も寝る間も惜しんで、出していけたらと思います。(youtuberって本当に大変。目指してる人は覚悟が必要)
 
さて、ゲームの話に戻りますが、今回はU8,9が勝つことができました。
ここで大事なことは勝敗という結果よりも、何故そうなったのかです。
 
U8,9はどうして勝つことができたのでしょうか?
U10は得点もでき、途中までうまくいっていたのになぜ上手くいかなかったのでしょうか?
U12は前半より疲れているはずなのになぜ後半の方がいいゲームになるのでしょうか?
 
それぞれ結果には理由があります。
 
理由を飛ばして自ら望む結果にたどり着くのはとても難しいことです。
 
結果までの過程をコントロールしようとすることが大切なことではないでしょうか?
 
サッカーというスポーツは不確定要素がつきまといます。
例えばミスが起こるタイミングがいつくるのかわかる人はいません。
自分の元にボールが来るかどうかを完全に把握することはできません。
 
しかし、ミスが起こりにくい状況を作り出すこと、自分の元にボールが来やすいポジショニングをとることは可能です。
 
不確定要素は完全な不確定ではなく、ある程度のところまでならばこちらでコントロールできる要素なのです。
 
要するに「絶対ではない」ということです。
 
選手は皆、12歳以下ですから白か黒、良いか悪いかいわば極論で理解しようとします。
 
指導者が絶妙、ちょうどいいを判断させてあげられているかが力量が試されるところなのかなと思いました。
絶妙と中途半端は紙一重です。中途半端なプレーをしている時こそ、絶妙へたどり着く寸前なのかもしれません。
 
不確定な過程のコントロールを楽しみ、不変である結果を出す。
 
難しいかもしれませんが、それが実現した際はとてつもないエネルギーが爆発するのではないでしょうか。
全員の力で前に進んでいきたいと思います。
 
本日は応援、ありがとうございました。
 
また来週もゲームがやってきます。また来週も、その次の週も。

TJL第4節「讃えられるということ」

TJL第4節「讃えられるということ」

 
勝負に負けた瞬間、意識の矢印はどこへ向かうのでしょうか?自分のプレー、味方のプレー、失点シーンなど敗因を探る、探ろうとする、矢印がどこにも向かわないが今までの選手たちの習慣であると感じました。
 
終了のホイッスルが鳴り、スコアで負けていたら、悔しがることは悪いことではありません。が、その後は上回った相手を讃えるべきであると思うのです。相手は我々を上回ったのですから。
勝負はその時には終わっているのです。
 
相手を讃え、撤収し気持ちを切り替えてその日の午後と月曜日を過ごし、火曜日からまた次のゲームに向けてトレーニングに励むのです。一日のトレーニングで全部出し尽くしているのであれば、練習での後悔も少ないはずです。出し惜しみがあったり、何か心残りがあるから相手を罵倒してしまったり、陰口を言ってしまったりするものです。出場している時間は何も残らないほど全てを出し尽くすことがサッカー選手としての義務だと考えます。
 
私もその環境を整えたいと思いますし、どういったプレーが全てを出し尽くすことなのかを選手に落とし込まなければなりません。
 
私も試合中のそのカテゴリ、カテゴリでの振る舞いは全てを出し尽くします。
鼓舞して戦います。選手が必死ならば私もそれに呼応するようにともに戦います。
 
私の指導者としてやってきたアイデンティティであると言えます。声も通りますし、自らのスタイルであると考えています。
 
がむしゃらに無茶に無謀に気合いでずっと走りまくることを求めているわけではありません。
 
「状況に応じて持てる全てを出し尽くせているか」
 
ということだけです。
 
考えることをやめたら、そこで歩みは止まってしまいます。
 
本日のゲームはそこを意識してもらいました。たとえ破れたとしても相手を讃えられるでも、チームへの自尊心は揺るがない。そうやって逞しい集団へと変わっていくところを皆さんと共有したいと思います。
 
またゲームがやってきます。応援、よろしくお願いいたします。
 
本日は駆けつけてくださり、ありがとうございました。

TRM vs Sansiri academy

 
TRM vs Sansiri academy今日はBPYCリーグのゲームが順延になったため、急遽Sansiri academyとのトレーニングマッチになりました。
 
今年の5/5にTRMやった相手と同じアカデミーに所属する選手たちとのゲームになりました。結果はU8,9,10と勝利、U12は敗戦でした。
 
 
選手には様々な役割を担ってプレーしてもらいました。
 
それに加えて、みんなに必要なこと、ずっと取り組んできたことを思い出してプレーすることに取り組みました。
 
【習慣化すること】
 
私は全てのカテゴリで狙いがあるトレーニングでも必ず共通してコーチングするプレーがあります。
 
それをどれくらい浸透しているのか、選手が必要だと感じているかを感じたかったからです。
 
現れた現象としてはプレー中に耳にコーチングが入ってくる選手はよくなっていました。自分でも意識でき、なおかつ聞いて改善しようとするからです。
ですが、プレー中に周りの音が聞こえなくなるほどボールを見ることに集中する、相手の動きについていくことで認知のキャパシティが飽和してしまう選手がいます。そういった選手にはやり方を変えなければいけません。
チームの問題に私が関わっていないことはありません。私がこのチームの責任者であるからです。
選手を強制することなく、習得できるようにしなければいけません。モチベーションやサッカーに対する姿勢も私を通じて学ぶ選手が大半だと思います。
サッカーをプレーする選手として良い振る舞いを習慣化することを個人単位に行き届かせる責任が私にはあります。
 
【選手とのコミュニケーション】
 
私は選手と話するとき、「最近どう?」と聞き会話を始めるようにしています。それはU7から今まで指導してきたU18の選手まで全ての選手にそうしています。
理由は「君のことを知りたい」という姿勢を示せるからです。どう?って何が?と聞き返してくる選手もいますし、直近の出来事やサッカーの話をすぐに話してくる選手もいます。
正直内容はあんまり聞いてません。笑
ですが、ほんで?それで?と聞き返して何度も会話のキャッチボールするようにしています。最後は私が感じている最近の選手の様子について、思い出される限り具体的に話をして終わります。
あの時のあの状況のあの選手にああやったプレーあれは良かった、相手がどうだった時のあのプレーはこんな狙いがあったの?いいプレーだったな。という感じです。
 
私は今、預かっている選手を良くすることしか、眼中にありません。
 
たくさんやられてしまったり、周りからの視線や雰囲気を感じて、劣等感や本当に悔しいと感じる時もありますが、何があろうと良くなっているという実感を持つために、INFINITOの選手と共に勇気を持って戦っていきたいと思います。
 
私の好きなチームにスペインのレアル・ベティスというチームがあります。そこのサポーター(ベティコと呼ばれる)が掲げている標語があります。「ベティス万歳!たとえ敗れようとも!」です。
苦しい状況こそ、人の力が必要です。
そんな境遇を戦うことで、人間臭い、勝敗を越えた熱狂を生み出したいものです。
もちろん、勝利を目指しながら。
 
今日は朝早い中、応援ありがとうございました。

全クラス、誰でも無理なく、バク転ができる!!

自信がつき積極的になる体操コースのご紹介

 
保護者の声
 
教室のおかげで、ますます体操が好きになり楽しくて仕方がないようです。感謝でいっぱいです。
 
今後ともよろしくお願い致します。    
 
 
▪️苦手意識はもう終わり!一人も残らず運動が得意になる!!
▪️全クラス、誰でも無理なく、バク転ができる!!
 
全クラス、誰でも無理なく、バク転ができる!!